住宅ローン審査落ちた理由とは?基準通らないのは借金・年収・年齢が要因に?

今までの人生の中で一番高く大きな商品ともいえる、大切な住宅ローンですが何を基準に決定しましたか。

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、別の銀行で借り換えを考えている方も口コミを見てみましょう。

一番利用者が多いといえるのが新生銀行です。

低金利というのが多くの方から支持される理由でしょう。

事務手数料や保証料がいっさいかからないという点、今月中に申込みをされると特典もあります。

ですが年収1000万の方でも減額提示される事もあります。

納得がいくまできちんと調べておくと後悔しないでしょう。

ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。

ですので、低価格で安心安全の利用者も多い知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、更に、イオンでの買い物をするだけでお得な特典として登録している方だからこそ割引してもらえます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

近い将来、家族と住むためのマイホームを建てたい方費用にいくらかかり、全部でどれ位の期間が必要なのか知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、借入れする金額から希望する内容を細かく設定できるので、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

無料相談をしているところもあるので、検討しましょう。

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。

例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。

金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、店舗が存在しないネットバンクは、取引をすべてネット上で行う事になります。

店舗にいく手間がないので非常に人気です。

また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。

ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。

住宅ローンは、自宅を購入する際に役立ちます。

申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。

受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。

以上の事から、申し込めば確実に通る。

という期待はできません。

不可。

という場合もあり得ます。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

これから、ローンを組んで住宅を購入する予定の方は返済期間をどれくらいで設定し完済するのか決めましょう。

通常は、25年か35年で申込みされる方が多いのですが現実のところ、期間いっぱいかかる方は少数のようです。

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時はまとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

将来かかってくる経費と今の状況を合わせて考えながら、無理のない返済が出来るように計画を立てましょう。

まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。

マイホームが欲しい!と思ったとき住宅ローンが資金繰りに役立ちます。

銀行・信用金庫から申し込み可能ですが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますので不動産屋と提携している銀行・信用金庫に申請しても良いと思います。

返済期間は人によってまちまちですが最長で35年の期間が借り入れ可能です。

とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。

おおかた、40歳オーバーの申請からなかなか通りづらい。

という傾向が強いようです。

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。

参考:住宅ローン審査落ちた理由は?借金・年収・年齢【基準通らない?】

ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。

住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが住宅ローンです。

申し込み法は手軽にでき近場にある金融機関で可能ですし足を運べない。

という場合はネットバンクなども良いでしょう。

また、不動産屋と提携している金融機関に任せる。

方法を取ることも出来るので、自分が良いと思う方法で資金調達ができます。

申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合10年に渡って控除を受けられます。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないので確定申告で申告しなければいけません。

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。

諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。

だいたい、安くても数十万~数百万単位の現金が必要となるでしょう。

まだ住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。

中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。

第一に支払いの義務は誰にあり契約内容がどうなっているか確認し夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

家を売ってお金にするという方法もありますが、ローンの方が販売価格よりも高くなってしまうと、残ったローンを最後まで支払わなければなりません。

高額な商品ですので、後悔のないようしっかり話し合って下さい。

自宅が欲しいと思ったとき住まいの融資を申し込む人がたくさんいると思います。

金融機関ならどの場所でも申し込みが可能なのでせっかくなら評判を気にして選びたいところです。

そんな時は口コミサイトが役立ちます。

サイトでは、資金に関することのほか働いている方の態度や店の感じまで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって大変貴重な良い参考になるかと思います。

これから、新築または中古の家を購入される方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、その内の一割を税金として支払うものです。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方に知らないと損をするかもしれない住宅ローンのご紹介です。

普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く年を重ねるとどうしても審査に通りにくくなってしまいます。

ですが親子リレー返済という後継者がいる方の申請であれば、70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。

なぜ可能かと言うと、申請した二人が同時に返すのではなく親が先に返して残りを後継者が返していくためです。

こうした理由から、年齢のいっている方でも申請出来るのですね。

自分独りで抱え込まずに、こういう方法も考えてみて下さい。

マイホームを購入する際、初めにしなくてはいけないことは現金調達の事でしょう。

一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。

申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。

支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険を掛けます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合借金がなくなる。

という保険です。